ドローンの操縦について

こちらのサイトでは、ドローン初心者の方へ向けた操縦方法について詳しく解説しています。

ゆっくりと動かす

ドローンの操縦の基礎中の基礎として「ゆっくりと操作を行う」というものがあります。ドローンの操縦はテレビゲームのように激しくコントローラーを動かすようなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際にはよほどの緊急時ではない限りそのような動きをするようなことは少ないです。では、何故ゆっくり動かさなければいけないのでしょうか。

ドローンをゆっくり動かさなければいけないのか。それは、ドローンに勢いがつきすぎてしまって、自分の想定しているよりも大きく飛んでしまう可能性があるからです。これは「オーバーラン」と呼ばれる現象になります。ドローンは空中で摩擦が無いため、急な方向転換が苦手となっています。そのため、操縦には丁寧さが求められます。よくテレビなどで特集されているような派手な動きは上級者になってからチャレンジするようにしましょう。

また、空撮などを行うときは映像がブレやすくなってしまうからという理由もあります。激しくドローンを動かせば、それだけ映像は激しく動きます。そのような動きを求めている場合は別ですが、しっかりと映像がどのようなものなのかを使いたいという場合には急激なドローン操作は禁物です。

Copyright © ドローンの操縦法について, All rights reserved.